未来のDJ第5 弾・注目!PAD機能の進化

未来のDJ第5 弾・注目!PAD機能の進化

Pad機材で有名なのは、ご存知AKAI(アカイ) シリーズですね。他のメーカーに比べ圧倒的Padの使い心地が良いと思います。打ち込みにはキーボードも必要ですが、何を言ってもPadですね!DJ用のビートメイクを制作する時には欠かせません。AKAI(アカイ)のシリーズにも少しクセが有り、打ちやすい機種と、そうでない機種が有ります。(好みも有ります。)

個人的にはスペースをあまりとらない小型のものが使いやすいです。

a010

 

DJ Play中にも、Padでベースやビートを薄く重ねて厚みを出し、奥行きを付けたり、ボーカルでいうコーラス的な事をやっています。そのときにPadの感覚が良く無いと今ひとつしっくりいかないですね。それだけPadのフィーリングは大事です。

基本PadやキーボードはMIDIデータですが、DJスタイルで使うのは、オーディオデータの方が何かと使い勝手が良いです。リアルタイム録音ならなおさら。DJ機材(パイオニアシリーズ)は、Padが装備されている機種が続々と販売されています。どれも素晴らしい感度でフィーリングも最高です。Liveパフォーマンスの時も使い勝手が良く楽しんでいます。

DJソフト(SeratoDJ)は、ただMix音楽をそのままリアルタイム録音するだけでなく、仕込んである音楽サンプリングや楽器サンプリングをDAWソフトに直接録音する事もできます。ロール(リピート)を使ったりしてビートを作り、ミックスアレンジも容易にできます。

演奏しながらミックスをしている感覚ですね。

a001

a1217

ですからDJ機材に装備されているPadは確かなものでないとダメですね。

DJスタイルは、機材の組み合わせなど人それぞれ違いは有りますが、ジャンルに関わらずPadのフィーリングと必要性はこれから大きく舵をとると思います。是非、DAWソフトも含めPadの実用性を実感してください。楽しいですよ!(笑)

aka009

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です