Serato DJソフト・トラブルシューティング

Serato DJソフト・トラブルシューティング

kaikeru

Serato DJに問題が発生した場合は、次の内容をいくつかお試しください。

さらにサポートが必要な場合は、www.serato.com/supportで記事やガイドを参照するか、またはwww.serato. com/forumでSeratoテクニカルサポートおよびDJコミュニティからのヘルプを受けてください。 また、オンラインパネル内にあるserato.com/supportをクリックして直接アクセスすることができます。

image3

警告灯

Serato DJでは、メイン画面の右上にの警告灯を表示して、可能性のある問題を表示することができます。

 

リミッター警告

Serato DJでは、一定の音量レベルを超えないようにする内部リミッターを使用しています。トラックのレベルを上げ、リミッターのしきい値を超えた場合は、オーディオが圧縮(低下または「押しつぶし」)されていることがわかります。これを解決するには、ハードウェア上でトラックゲイン、EQ、マスターボリュームを下げ、トラックが「クリッピング」(ハードウェアのチャンネルレベルライトが赤に変わる)しないようにします。ボリュームを上げる必要がある場合は、動作しているアンプまたはDJミキサーのボリュームを上げることができます。

 

USBドロップアウト警告

USBドロップアウトがある場合、小さいライトがここに表示されます。ライトは1秒間赤、4秒間オレンジで点灯します。そのため、継続的に赤のライトが点灯している場合は、少なくとも1秒に1回はUSBドロップアウトがあることになります。

USBドロップアウトがある場合:

  • 設定画面でUSBオーディオのバッファサイズを上げます。Serato DJと同時に動作中の他のアプリケーションを閉じます。
  • バックグラウンドタスク(例:ワイヤレスネットワーキングやBluetoothなど)をオフにします
  • com/supportのコンピュータの最適化のヒントのいくつかを試してみてください。
  • CPU負荷が非常に高い場合、設定画面で最大画面更新を減らしてみてください。

問題が解決しない場合は、serato.com/helpにあるオンラインヘルプスレッドから技術サポートまでご連絡ください。

 

MIDI警告

Serato DJはSerato DJハードウェアからの入力MIDI信号を処理できませんでした。

接続した可能性のある他のUSBデバイスを外してみ てください。 別のUSBケーブルを使用してみてください。 お使いのコンピュータの別のUSBポートにSerato DJハードウェアを接続してみてください。

オーディオのドロップアウトや歪み

Serato DJでパフォーマンスの低下が発生した場合は、次の内容をお試しください。

  • セットアップ画面の更新チェックボタンを使用して更新を確認する、またはserato.com/djを開く
  • ライブラリで検出された破損ファイルを削除する
  • 詳細については、 「破損ファイル」を参照してください
  • 開いている他のすべてのプログラムを終了します。
  • ワイヤレスネットワークデバイスを無効にします。
  • Bluetoothデバイスを無効にします。
  • ウイルス対策ソフトを無効にします。
  • スクリーンセーバーを無効にします。
  • スリープモードを無効にします。
  • USBバッファサイズを上げ、変更を適用します。

詳細については、「USBバッファサイズ」を参照してください

Serato DJハードウェアを、USBハブを使用せずにコンピュータのUSBポートに直接接続します。

  • 一部がうまく動作する場合があるため、すべてのUSBポートを試します。
  • 他のUSBデバイスを外します。
  • 電源に接続したノートパソコンを起動します。
  • 詳細なトラブルシューティングのヘルプについては、serato.com/support または www.serato.com/ forumを参照してください

視覚的な波形ドロップアウト

すべてのファイルを分析していることを確認してください。

外付けドライブを使用している場合は、内蔵ドライブの使用をお試しください。

上記の最適化ヒントをいくつか試し、オーディオのドロップアウトを探してください。

情報の問題を保存しないファイル

  • そのファイルへの読み書きが可能であるかを確認します。
  • そのファイルを含むフォルダへの読み書きが可能であるかを確認します。
  • ファイルが外部ドライブに保存されている場合は、外付けドライブが読み書き用に正しくフォーマットされていることを確認します(Mac用はMac OSジャーナル、Windows用はNTFS、MacおよびWindowsの用はFAT32)。
  • ファイルを再エンコードするか、iTunesなどの変換ツールを使用してファイルを別の形式に変換してみてください。
  • 管理者としてログインしている、および(または)使用中のコンピュータでそのファイルへの読み書きが可能であるかを確認します。

ハードウェアの切断

  • ハードウェアメーカーのウェブサイトまたはインストールCDからインストールされたハードウェアのドライバがあることを確認します。 Serato DJハードウェアを、USBハブを使用せずにコンピュータのUSBポートに直接接続します。 一部がよく動作する場合があるため、すべてのUSBポートを試します。 他のUSBデバイスを外します。 詳細なトラブルシューティングについては、serato.com/support または www.serato.com/forum をご覧いただくか、ハードウェアメーカーのウェブサイトを参照してください。

スポンサードリンク

破損ファイル診断

破損アイコンを表示しているファイルがある場合は、そのアイコンの上にカーソルを合わせると、検出された破損の種類の情報を表示することができます。この情報は、ライブラリの一番下にあるステータスバーに表示されます。

破損の説明

診断

破損したファイル:このMP3には無効なフレームが含まれています。

このMP3には、公式のMP3の仕様に厳密に準拠していないフレームが含まれています。 Serato DJでは、このファイルを100パーセント正確に再生できない場合があります。

破損したファイル:このファイルには、可聴グリッチを生じる可能性のある破損フレームが含まれています。

このファイルには、2つ以上の連続した 破損フレームが含まれています。破損フレームは無音で置き換えられるため、オーディオグリッチのように聴こえる場合があります。

破損したファイル:このファイルは分割されています。開始部分を確認してオーディオグリッチを探す必要があります。

このファイルの最初のMPEGオーディオフレームは、前にあるべきオーディオを指しますが、そうではなく、通常、不正なMP3編集によるものです。破損フレームは無音に置き換えられ、ほとんどの曲は無音で開始するため、結果として生じる無音には気付かない場合があります。また、曲の先頭を聴いて確認する必要があります。

破損したファイル:このMP3には破損したデータのあるフレームが含まれています。

MPEGオーディオフレームの復号化に失敗しました。フレームに無効なデータが含まれていることを意味します。破損したフレームと同様、このフレームは無音として再生されます。

破損ファイル:このMP3で、フレーム·インデックスとフレーム間の同期が失われました。

Serato DJは、第三者の編集プログラムで編集されているMP3の古い概要を読み込んでいます。影響を受けたファイルの概要の再構築により通常、このエラーは修正されます。

破損ファイル:このMP3は完全に無効であり、再生できません。

説明不要。考えられる原因は、ディスクの不良セクター、ファイルシステムの破損、誤ったファイルの種類、不適切なファイル拡張子などです

破損ファイル:このファイルには、無効なオーディオデータが含まれています。

このファイル内のオーディオを探している間、Serato DJで無効なデータが検出されました。このメッセージは、再生しようとしているファイルに破損データが含まれていることを警告するものです。再生に影響を及ぼす場合があります。

破損ファイル:このMP3には有効なフレームが含まれていません。

このファイル内でオーディオが見つかりません。つまり、Serato DJを使用している限り完全に再生不可能であることを意味しています。このファイルが本当にオーディオファイルであることを確認してください

サポートされていないファイル:このMP3には複数のレイヤーが含まれています。

このファイルのスキャン中、Serato DJで複数のMPEGレイヤーに属するフレームが見つかりました。Serato DJでは、複数のレイヤーからのフレームを含むMP3ファイルはサポートされていません。一部のフレームは無音として出力される場合があります。

サポートされていないファイル:このファイルはサイズが2 GBを超えています。

現時点で、Serato DJでは2GB以上のサイズのファイルはサポートされていません。

サポートされていないファイル:このファイルには、2GBを超えるサイズのデータブロックが含まれています。

このファイルには、2GBを超えるサイズのデータチャンクが含まれています。 Serato DJでは、2GB以上のサイズのファイルはサポートされていません。

破損したファイル:このWAVファイルには有効なチャンクが含まれていません。

このWAVファイルには、認識可能なWAVデータが含まれていません。WAVファイルではない可能性があります。

サポートされていないファイル:このファイルのデータは、PCM形式ではありません。

WAVファイルには、いくつかの形式のデータを含めることができます。Serato DJでは、PCM形式のデータを含むWAVファイルのみがサポートされています。

サポートされていないファイル:このファイルには、48kHzより高いサンプリングレートがあります。

Serato DJでは、48 kHzより高いサンプリングレートはサポートされていません。このメッセージが表示された場合の最も簡単な対応方法は、オーディオを48 kHzで再度サンプリングし、ファイルを再度保存することです。

サポートされていないファイル:このファイルには、サンプルあたり24ビッ ト以上が使用されています

DJでは、オーディオデータのサンプルあたり最大24ビッ トがサポートされています。

seratoソフト目次・DDJシリーズのseratoソフトを完全マスターせよ

DDJシリーズseratoソフトで迷われたら上記リンクでで目次を参照ください。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です