Serato DJソフト・ビートグリッドとは?

 

Serato DJソフト・ビートグリッドとは?

 

ビートグリッド

ビートグリッド無しのトラックは、ビートグリッドが作成される前に解析する必要があります。

詳細については、解析ファイルを参照してください

ヒント:解析されていない新たなトラックについては、代わりにトラックをバーチャルデッキにロードすることができ、Serato DJがビートグリッドを追加します。オプションオフラインプレイヤーで[Set Beatgrid]が選択されている必要があります。

注:解析トラックはしばらく時間がかかる場合があります。使用前にこの作業を行うことをお勧めします。トラックのビートグリッドは、複数のパーツで構成されています。

全てのバーマーカーの横には数字があります。1(ダウンビートマーカー)。各バーは、4ビートに分割されています。3つの小さな白いマーカーが、各バーの拍区分を示しています。

image1

ダウンビートマーカー

ダウンビートマーカーは赤線で、トラックの最初に置かれます(例えばキックドラムやベースなどの音)。ダウンビートマーカーは、1小節の場合、その上に1という数字が表示されます。

image2

BPMが正確であれば、ビートグリッドは完全に設定され、それ以上の調整は必要ありません。

ビートグリッドのマーカーがトラックのビートに乗らない場合は、ビートグリッドを編集する必要があります。

詳細は、ビートグリッドの編集を参照してください

バーマーカー

ダウンビートマーカーが作成されたら、トラックのBPM値を使用してビートグリッドが作成されます。トラック全体にバーマーカーをレイアウトします。

image3

各バーマーカーには、ラインの横に表示されるバーの数字があります。これらの数字は、トラックバー番号のスタートを表しています(一ビート目のバー番号は1です)。 BPM値が正しければ、ビートマーカーは各トラックのビート上に書き込まれます。

注:最初のダウンビートより前のバー番号は、マイナスの番号として表示されます。44

ビートマーカー

各バーマーカーの間に小さなビートマーカーがあります。これはトラックのバーのそれぞれの個々のビートを表示しています。

image4

注:ハウスミュージックのような音楽については、キックドラム音の上にビートマーカーが書き込まれる場合があります。ヒップホップやファンクなどの音楽については、ビートマーカーがドラム音の上に書き込まれない場合もあります。

ビートワープマーカー(Beat Warp Markers)

トラックにテンポ変更がある場合は、手動で新しい赤いビー トワープマーカーを設定することができます。

マニュアルビートワープのマーカーを設定すると、このマークからビートグリッドをワープさせます。この機能により、ビートグリッドをトラックのテンポ変化に対応させる事ができます。

ビートワープマーカーにより、トラックはビートがテンポからずれる事なく、完全にシンクする事が可能です。

ニーズに合わせてビートワープマーカーとして設定することができます。トラックがテンポを複数回変更する、またはトラックがライブ録音やリッピングである場合、テンポが変動する場合があります。

注:テンポの変更はライブ録音された音楽によくある事です(例えば、ロック、ファンク、レゲエ、など)。電子的に作成された音楽(例えばハウス、ドラムンベース、ポップ、等のような)の場合にはテンポの変更は稀です。

ビートグリッドの編集

ビートグリッドマーカーがトラックのビートに上に表示されない場合は、ビートグリッドを編集する必要があります。

デッキにトラックをロードして編集を行うことができます。オフラインプレイヤーでも、Serato DJコントローラに接続中のどちらでも可能です。トラックの経過/残り時間の横に表示される [Edit Grid]をクリックします。

image6

[Edit Grid]をクリックすると、ビートグリッドエディタ(Beat Grid Editor)が表示され、青色のバーがトラック波形の上に表示されます。Serato DJコントローラに接続されている場合は、ビートグリッドがバーチャルデッキの代わりに表示されます。

ビートグリッドエディタでは、ビートグリッドを作成したり、誤ったビートグリッドを修正するために必要なツールが全て含まれます。

image7

ヒント:ビートグリッドが正しく計算されているかを確認するには、トラックを早送りしてマーカーがビートの上に表示されているのをチェックします(ブレークダウンの後が良い確認場所です)。トラックのアウトロ部分に移動し、マーカーがビートの上に来ている事を確認することをお勧めします。

ヒント:変更を保存せずにビートグリッドエディタを終了するには[escape]を押す。

スポンサードリンク

不正なダウンビートマーカー

image8

誤ったダウンビートマーカー

ダウンビートマーカーが正しく設定されていないか、最初のビートが異なる位置(長いイントロトラック等)の場合、新たなダウンビートマーカーを作成する必要があります。

image9

1 [Grid Edit]をクリックするか、キーボードショートカットAlt + Spaceキーでグリッド·エディタを開きます。

2 再生ヘッドに最も近いマーカーを削除するには、CLEARボタンをクリックしてビートグリッドを削除します。 ( またはShift +deleteで全体のビートグリッド削除してください。)

3 ダウンビートの目的の場所の上に再生ヘッドを移動します。

4 ダウンビートマーカーを設定するには、[SET]ボタンをクリックするか、キーボードの “X”キーを使用します。ダウンビートマーカーは最も近いトランジアントに合います。

5 [SAVE]またはグリッド·エディタを終了し、変更を保存し、[Return]キーを押しますをクリックします。

image10

不正なダウンビートマーカー

グリッドの詳細については、ショートカットの編集を参照してください。

不正なビートグリッドを調整

image11

不正なビートグリッド

ビートグリッドは常に正しく推定できるとはかぎりません。マーカーが、トラックのビートと正確に並ばない場合もあります。

ビートグリッドを調整することで、最後のダウンビートまたはバー・マーカーから、ビートグリッドを拡大/縮小します。

ビートグリッドバーマーのマーク付けが何度もずれた場合は、ビートグリッドを調整する必要があります。

image12

1 [Grid Edit]をクリックするか、キーボードショートカット、Alt + Spaceキーを使用してグリッド·エディタを開きます。 2 トラックをスキャンし、ビートグリッドのテンポずれ見ます。 3 ビートグリッドを拡大または縮小するには、大/小の[Grid Adjust] ボタンを使用するか、キーボードの左矢印または右矢印を押します。 4 [Save]ボタン、[Return]ボタンを押すと、不リッドエディタを終了し、変更を保存します。

image16

不正なビートグリッド

詳細については、グリッド編集のショートカットを参照してください。

不正なビートグリッドをスリップする

もしビートグリッドがトラックの’テンポにマッチするが、トラックのダウンビートビートマーカーが間違っているか、またはグルーブ感がずれている場合は、ビートグリッドをスリップする必要があるかもしれません。全体のビートグリッドをスリップするものです。

全体のビートグリッド(すなわち、ダウンビートとビートワープのマーカーの両方)が外れている場合は、すべてのマーカーを同じ量だけ移動させます。全体のビートグリッドをスリップすることができます。

image13

1 [Grid Edit]をクリックするか、キーボードショートカット、Alt + Spaceキーを使用してグリッドエディタを開きます。 2 ビートグリッドを移動させるには、大/小の[Grid Slip]ボタンか、Ctrl +キーボードの左矢印または右矢印を使用します。 3 [SAVE]または[Return]キーを押すと、グリッドエディタを終了し、変更を保存します。

詳細については、グリッド編集のショートカットを参照してください。

グリッド編集のショートカット

ビートグリッドを編集するには、グリッドエディタを開く必要があります。

image15

グリッド編集モード

注:トラックを停止すると、ビートグリッドを調整するのが簡単になります。お使いのコンピュータのキーボードやマウスを使って、次の操作をします。

アクション キーボード マウス
グリッドエディタを開く Alt + Space
グリッドエディタを終了します Escキー
ビートグリッドの変更を保存する Enterキー
ワープマーカービートの設定 x Altキーを押しながらダブルクリック
ビートマーカーを削除する 削除する
全てのビートグリッドを削除する shift + delete
ビートグリッドを調整します(伸縮/ 拡張) 矢印キー ALTを押しながら、白色のバーマーカーをクリック&ドラッグ
ビートグリッドを大きく調整します( 伸縮/拡張) シフト+矢印キー
ビートグリッドをスリップする Cntrol+矢印キー Altキーを押しなが赤色のダウンビートマーカーをクリック&ドラッグ
ビートグリッドを大きくスリップする Shift+Control+矢印キー
       

seratoソフト目次・DDJシリーズのseratoソフトを完全マスターせよ

DDJシリーズseratoソフトで迷われたら上記リンクでで目次を参照ください。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です