あなたは、夏のエネルギーバンドご存じですか?

あなたは、夏のえなるぎーバンドご存じですか?

Pick Up

=RAH BAND=

 今回のお気に入りの1枚はラー・バンド。

女性ボーカル中心の英国JAZZバンド。今は【2016】何かとイギリスがEU離脱などで話題になっていますが、30年以上たってもクスムことの無いアーティストです。

JazzにFUNKのエッセンスをいれたメローなメロディーラインが特徴のバンドです。比較されていたのがシャカタクですが、演奏スタイルが全く違って、リードは楽器主体では無く, 女性ヴォーカル主体の ファッショナブルJazz  Funk Bandなのです。

ラテンのエッセンスも入っているので、おしゃれな女性やイキな男女の生活の背景に合うと言うか!マッチするというか!B.G.Mにとてもハマります!(笑)

難しい説明は抜きにして、一般の音楽ファンが日々の生活の中で癒される音楽を どれだけ求めているのだろうか!?っと!

かなり多いと私は見ている!!!!!

今は、田舎暮らしですが、都会のCoolさは、良くも悪くも知っています。都会の冷たさに負けそうな瞬間(とき)是非このバンドのアルバムを聴いていただきたい!!

きっと!いや!必ず?

エネルギーに変わるはず!

それがRAH BAND です。

Rah-Band01

スポンサードリンク

他に、同じようにエネルギーになるバンドを上げるのであれば、レベル42や少しエッセンスは違いますがS.O.S Bandなどがあります。詳しい内容は、またの機会に紹介しようと思います。

話は少しそれましたが、Rah Bandは本来は実体のないバンドです。

リチャード・ヒューソンのプロデュースバンド!いわゆるパーソナルバンドであるわけです。 6名の女性ボーカリストを集め、自分が作ったメロディー(曲)にボーカルをつけ、 構成したバンドなのです。それにも関わらず”まーぁ”素晴らしすぎるバンドなこと!!

彼の経歴は調べていただければ直ぐに凄い人物だと分かるでしょう。ラー・バンドのプロデューサーだけでなく過去に’70sの話題のアーティスト(ビージーズやCSN&Yなど)の裏方にも携わり、オーケストラの指揮者もこなしメロディアスな曲を英国風たっぷりにアレンジし奏でるのです。つまり凄い御方なのです。

個人的におすすめするのが、テアーズ&レイン(Tears&Rain)まさにラーバンド中のラーバンド!DJのパートごとに流していたのを思い出します。12”シングルバージョンはファンのみならず是非聴いていただきたい1枚です。サックスのソロがたまらなくイカシテいてアコースティックなメロディーにDJ PLAY中いつも聴いて酔っていました。

次にパフュームド・ガーデン(Perfumed Garden) トロピカルなメロディーにサンバ テイストなビートメイク!夏を感じさす恋のそよ風の様な曲でありながら、おしゃれ感タップリのムードサウンドなのです。

【まあ、この頃回していたのがサンバクラブでしたから・・・】(笑)

他にも紹介したいのですが今日はこれくらいで!

機会が有れば一度聴いてください。イカシテますよ!このBand !!

スポンサード リンク
   

                                                                                                        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です