未来のDJ第3 弾DJノートパソコン、知っておくべき互換性!

 

未来のDJ第3弾・DJノートパソコン知っておくべき互換性!PC=DJ=DAW

 DJとコンピューターミュージック=PCを始めるには、どんなモノが必要なのか。

最低限のソフトと機材+PC(スペック)のシステム例をあげていきます。

① DJ PC

win&mac

 

今(2016/07/22現在)は、WinでもMacでもさほどスペックの大差は無いですが、相性=互換性で言えば私は、Macを必ずおすすめします!なぜなら、共にハイスペックのPCを使っていますが、Mac(2.3 GHz Intel Quad Core以上、メモリ4 GB 以上)の方 が圧倒的にフリーズやトラブルが少ないからです。

 

② DJソフト

gui_serato-dj-1_9_551seartomac

使っているのは、SeratoDJです。予算が無いならバーチャルDJ(Freeソフト有り)で十分だと思います。スタイルに合わせてソフトも変わりますが、あまり沢山のソフトを使うのは悩みの種になるので私は、出来るだけ絞り込んでいます。色々試して自分に合うソフトを選んでください。

 

③ DJ機材

pdj_ddj-sb2-main  imagesXF53RCVV

全くのビギナーなら、3万円前後のPCJで十分でしょう。楽しみ方は人それぞれなので自分に合うメーカーを探してください。

ハイ・アマチュアやプロを目指すなら間違いなくパイオニアになります。最低でもDDJ-SX-2は必要です。DDJ-SZやそれ以上の機材なら問題ありません。予算が無ければ1、2ヵ月頑張ってバイトでもして予算を調達してください。

スポンサードリンク

④ DJ DAW (DTM)ソフト

a02

DAW(ダウ)ソフトはDJを目指すならAbleton Liveがオススメです。多様性に優れていて、音もかなり良いですし、DJ魂をくすぐります!

DJ Playになれて来たらDAWと連携して本格的に活用してください。

DJソフトを使ってファイルをリスト化(iTunes)で連動フル活用。オーディオデータは、容量を多く使うので出来るだけ整理したほうがいいです。

MIDIデータは容量を使わないですが、Ableton LiveでオーディオデータやMIDIデータを融合させますので上手く使わないとPC(メモリーCPU)に負担になります。最終的にはハイ・スペックのPC(2.3 GHz Intel Corei7以上、メモリ16GB 以上)を必要とします。頑張ってカスタムするか、大金を使いましょう。

 

オーディオデータやMIDIデータを上手く活用するのに欠かせないのがオーディオインターフェースです。オーディオインターフェースもいくつかのタイプがあります。最近では各社の電源モジュールにはUSB経由が主流ですので、簡単にオーディオデータやMIDIデータをPCに取り込めます。

オーディオインターフェースも多機能モデルを選ぶと良いでしょう。オーディオデータとMIDIデータを共に使えるモデルが今は沢山あります。昔は別々で大変お金がかかりましたけど・・・。

connecks

a09

 

DJ機材(DDJ-SX-2等)は、オーディオインターフェース機能が装備されていますがDAWとの連動までは、まだ出来ません。いずれなるでしょう。

その為にも早く!いや、ゆっくりでかまいませんからDAWソフトに慣れることがこれからのDJ Playには不可欠です。シンセサイザやMIDI PAD機器を使いマルチティンバー機能の連動から、いずれ全てがPCJ機器一台(DDJ-SZ-mk3あたり?)のみで完結ことになるでしょう。それ以上になるかも・・・楽しみです(笑)

 

上記にも述べていますが、音源モジュール(ポリフォニック・モジュール又はDTMモジュール)は、色々な音源機器を連結かつコミュニケーションさせる装置と思っていただいても良いでしょう。

 

⑤ アンプ内蔵スピーカー

さあ、一通り機材がそろったら最後にスピーカーが必要です。音を出す為には当たり前ですが、アンプ内蔵なら何でも言い訳ではありません。しっかりした低温が出せるモノで、ボリュームが付いていてPAN(左右切り替え)ダイヤルが付いているのが理想です。DJミキサーに装備されているPANやエフェクトを使って音の広がりや動き、奥行き、空間的な広がりを確かめながらPlayしたいからです。

DAWソフトでも、DJ Playの仕込み、選曲構成、Beat作りに大いに役に立ちます。

安価で理想的なアンプ内蔵スピーカーを選ぶなら昔のキーボード用のモノを探せば良いと思います。ホント良いモノが手に入ります。

ローランドとか?1000円くらいで!

無題

未来のDJシリーズも続けて行きますが、ご不明な点や質問かありましたら

お気軽にどうぞ。

スポンサード リンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です