DDJシリーズのseratoソフトを完全マスターせよ!

ページの目次

DDJシリーズのseratoソフトを完全マスターせよ!

DDJ-SX-2のソフトseratoユーザーマニュアル

DJソフトにはプロ用ソフトとアマチュアソフトの二種類があります。その中から代表的な二種類のソフトの一つseratoを完全マスターすることでDJのスタイルも変わってきます。是非、DJのスキルを向上させたい方はユーザーマニュアルを熟読して自分のものにしてください。ネットを開けばseratoの色々なバージョンのソフトマニュアル(PDF)などが見ることができます。今回は、代表的なバージョンを順番に目次からリンクしてご紹介させていただきます。

serato-manual01

Serato DJ 1.8.1 マニュアル

目次

 コンテンツ

7 Serato DJソフト・イントロダクションとは?

7 ハードウェア

7 最小システム要件

7 ソフトウェアのインストール

7 インストール(Mac OSX版)

7 インストール(PC)

8 Serato DJソフト・アクティベーションとは?

8 Serato DJのトライアル

8 Serato DJの購入

8 Serato DJのアクティベート

9 Serato DJのアクティベート管理

9 Serato DJソフト・ソフトウェアの概要とは?

9 ソフトウエアを開始

10 ソフトウエア概要

13 ツールチップの使用

13 チュートリアルを見る

13 キーボードショートカット

15 Serato DJソフト・音楽を読み込む仕組みとは?

15 Serato DJライブラリにファイルを追加

15 外付けハードドライブ

15 iTunesライブラリを表示する

16 CDからSerato DJに音楽を取得する

16 サポートされているファイルの種類

16 破損したファイルについて

17 Serato DJソフト・まずファイルの準備だ!

17 オフラインプレイヤー

17 マスター出力レベル 

17トラックのゲイン調整

18 ファイルの解析

18 ファイルを解析する方法

18 再解析ファイル

18オートBPMを設定する

19 BPMの範囲

19 ビートグリッド(Beatgrid)をセットする

19 ビートグリッドをロックする

19 トラックをロックする

20 トラックはデッキロードで解析

 

21 Serato DJソフト・メイン画面の概要p1

21 Quantize

21 Display モード

22 VinylまたはCDJでSerato DJを使用する

22 絶対Mode

22 相対Mode

22 スルーMode

23 切り替えMode

23 内部Mode

23 Master Output Level

24 バーチャルデッキ(Virtual Deck)

serato DJソフト・メイン画面の概要 P2

24 有効なデッキインジケータ(Active Deck Indicator)

25 トラック表示

25 BPMのタッパー

26 トラックの概要ディスプレイ

26 メイン波形ディスプレイ(Main Waveform Display)

26 テンポ·マッチング·ディスプレイ (Tempo Matching Display)

26 テンポ·マッチング·ディスプレイ

26 ビートマッチのためのビジュアルエイド(Visual Aids)使用例

26 キューポイント(Cue Point)とループ·ビュー(Loop View)

27 自動再生

28 Serato DJソフト・ライブラリーの操作と管理P1

28 マウスとキーボードの操作

28 ハードウェアのナビゲーション

28 検索

28 ブラウジング

28 ライブラリのステータスアイコン

29 準備

29 ライブラリーを整理する

29 クレート (Crates)

30 サブクレート(Subcrates)

30 スマートクレート(Smart Crates)

31 seratoソフト・ファイルのコピーと管理P2

31 クレートのコピーと移動

31 コラムを設定する

32 ID3タグを編集する

32 トラックに色を付ける

32 アルバムアートを表示する

32 アルバムアートの追加

32 ライブラリの自動バックアップ

33 再スキャンID3タグ

33 失われたファイルを再配置

33 Seratoソフトウェアの互換性

33 ライブラリモード

 

34 serato DJソフト・ ミキシング

34 ミキシング&再生

34 次のトラックを見つける

34 デッキにロードする

34 取り出す

34 再生コントロール

34 トラックのピッチ/スピード調整

34 トラックの時間を取得する

35 DJコントローラを使用

35 VinylまたはCDJを使用する

35 トラックの時間を取得

36 スリップモード

36 キーロック

36 スリップモード

36 リピート

36 検閲

37 serato DJソフト・キューポイントの設定とは!

37 キューポイントの追加/削除

37 キューポイントをトリガーする

37 キューポイントのキーボードショートカット

38 ビジュアルエイド: キューポイントカラー&ステータス。

38 一時的キュー

40 serato DJソフト・ループを制するは、曲作りを制す!

40 マニュアルループ

41 オートループ

41 管理ループ

42 ループロール(Loop Roll)

43 serato DJソフト・ビートグリッドとは?

43 ダウンビートマーカー(Downbeat Marker)

43 バーマーカー(Bar Markers)

44 ビートマーカー(Beat Markers)

44 ビートワープのマーカー(Beat Warp Markers)

44 ビートグリッドの編集

45 不正なダウンビートマーカー

45 不正なBeatgridを調整

46 不正なビートグリッドをスリップする

46 グリッド編集のショートカット

47 serato DJソフト・シンプル&マスター同期とは?

47 シンプル同期を選択

47 シンプル同期

48 相対ピッチ&タイムコントロール5

48 スマートシンク(Beatgridsを使用)

48 ビート・ポジション・インジケータ(Beat Position Indicator)

48 ビート同期(Beat Sync)

48 アーム·ビート同期(Arm.Beat Sync)

49 テンポ同期(Tempo Sync)

49 同期を止める

49 相対ピッチ&ピッチコントロール

50 トラックをビートグリッド無しでロードする

41 Serato DJソフト・DJエフェクトをマスターせよ!

51 DJ-FXを使う

51 DJ-FXモード

52 Beats マルチプライヤ

52 テンポソースとタップテンポ

53 チャンネル割当て

54 Serato DJソフト・サンプルを使いこなせ!

54 SP-6に音楽をロードする

54 サンプルを再生する

54 SP-6 View モード

55 SP-6 Play モード

55 サンプルプレイヤーリピート

55 サンプルスロットのボリューム

56 SP-6トラック情報

56 SP-6の同期

56 SP-6ピッチコントロール(アドバンスモードのみ)

57 SP-6セレクタから再生(アドバンストモードのみ)

57 インディビジュアル・サンプル·ゲイン(アドバンストモードのみ)

57 SP-6ミュートボタン(アドバンスモードのみ)

57 SP-6 メインボリューム、ミュート、出力セレクタ

58 SP-6サンプルバンク

58 SP-6インスタントダブルス

スポンサードリンク

 

59 serato DJソフト・録音機能&MIDiを使いこなせ!

59 オーディオの録音

59 録音の保存場所

60 MIDIコントロール

60 MIDIの概要

60 MIDIコントローラーのセットアップ

60 コントロールを割り当てる

60 MIDIのデータタイプ

61 MIDIのプラターズ 61 Assign MIDI to other controls

61 Control +クリック機能

62 プリセット6

63 serato DJソフト・履歴パネルが便利な3つの理由!

63 履歴セッションの削除

64 動作をリスト

64 Seratoのプレイリスト

64 Seratoのプレイリストをアップロードする

64 ライブプレイリスト

65 serato DJソフト・設定画面の仕組みとは?

66 DJ設定

66 ライブラリ+ディスプレイ

67 ミキサー

68 FX(セットアップ)

69 MIDI

69 音声

70 拡張パック

70 プラグイン

72 serato DJソフト・キャリブレーションとは? 

72 Serato DJの調整

72 ノイズ感度

72 Serato DJの調整方法

73 スコープ

73 調整のトラブルシューティング

74 serato DJソフト・WhitelabeLとは?

74 ホワイトレーベル音声ファイル

74 Whitelabel.net

74 ロックされたWhitelabel.netファイル

74 Whitelabel.netのシステム要件

75 serato DJソフト・トラブルシューティング

75 警告灯

75 音声のドロップアウトまたはディストーション

76 ヴィジュアル波形のドロップアウト

76 情報の問題を保存しないファイル

76 ハードウェア切断

76 破損ファイルの診断

イントロダクション

Serato DJソフトウェアのマニュアルへようこそ。

Serato DJは、ミュージックセレクタやDJに新しい操作を提供するためにデザインされた統合ソフトウェアとハ ードウェアのシステムです。

Serato DJソフトウェアを使用して、seratoにサポートされているコントローラから正確な操作で、コンピュータ上の音楽をDJプレイすることができます。ただコンピュータにSerato DJ コントローラを接続し、サウンドシステムに接続するだけで、すぐに使用できます。

詳細については、ハードウェアのマニュアルを参照してください。

ハードウェア

このマニュアルでは、Serato DJソフトウェアの概要的な情報を提供しています。サポートされているSerato DJ コントローラ・ハードウェアの完全なリストを表示するには、ここをチェックしてください。www.Serato.com / DJ

特定のSerato DJハードウェアのセットアップ、操作、またはトラブルシューティングの情報についてはハードウェアのマニュアルを参照してください。

最小システム要件

ソフトウェアのインストール前に、お使いのコンピュータが、Serato DJコントローラの最低限のシステム要件を満たしていることを確認してください。お使いのコントローラをクリックして、最低限の要件を見つけることができますSerato DJ製品ページ.

注:これらはSerato DJを実行するための最低限の要件です。最高のパフォーマンス、プロフェッショナルな状況で使用するためには、より高いスペックのコンピュータを使用することをお勧めします。

ソフトウェアのインストール

インストール(Mac OSX版)

インストール前に、ウェブサイトからSerato DJの最新バージョンをダウンロードし、インストールする事をお勧めします。

Mac OSX用の最新のインストーラを取得するにはここをクリック

Serato DJをインストールするには

  1. Serato Finderを使用して、Serato DJが保存された場所をご覧ください。 2. Serato DJ 1.0.dmg fileをダブルクリックします。 3. ソフトウェア使用許諾契約書の画面が表示されます – ライセンス契約を読み、[Agree]をクリックします。 4. ディスクイメージがマウントし、[Action]のフォルダを開きます。これが完了すると、ディスクイメージをアンマウントし、Serato DJを起動することができます。 5. アプリケーションフォルダ[alias]にSeartoDJアプリケーションのアイコンをドラッグします。 6. その後、認証するためのユーザー·パスワードを入力する必要があります。 7. Serato DJはアプリケーションフォルダにコピーします。これが完了すると、ディスクイメージをアンマウントして、Serato DJを起動することができます。

インストール(PC)

インストールする前に、ウェブサイトからSerato DJの最新バージョンをダウンロードし、インストールする事をお勧めします。

GET Mac OSX用の最新のインストーラにはここをクリック

Serato DJをインストールするには

  1. Serato Windows Explorerを使用して、DJダウンロードインストーラが保存された場所をご覧ください。
  2. “SeratoDJ_1.0_installer.exe”というファイルをダブルクリックします。
  3. セキュリティ警告を受け入れて、 “Accept”をクリックします。
  4. インストーラの最初の画面が表示されます。5. [Next]をクリックします。”“I agree to the license terms and 

conditions(ライセンスの条項および条件に同意します)”にチェックしてから、ライセンス契約書を読んで[Install]をクリックします。

  1. ユーザーアカウント制御のウィンドウが表示されたら、[はい]をクリックします。
  2. Serato DJは現在、標準的なインストールを実行します。
  3. インストールはこれで完了です。[close]をクリックします。

注:ショートカットは、デスクトップ上に作成されます。

アクティベート

アクティベートはSerato DJへのアップグレードをするSerato DJ Introコントローラにのみ必要です。その他のサポートされたSerato DJ Introコントローラはアクティベートの必要はありません。

サポートされたSerato DJ Introコントローラ一覧見るには、ライセンスパネルのimage1 をクリックして下さい。

Serato DJのトライアル

サポートされたSerato DJ Introコントローラが接続されている場合、Serato DJを14日間無料で試すことができます。

  1. ご自分のSerato DJ Introコントローラが接続されていることを確認します。
  2. Serato DJを開きます。.
  3. 右側のライセンスパネルにある image2 を選択します。
  4. オンラインウィンドウが開き、メールアドレスを要求されます (serato.comまたはwhitelabel.netのユーザーアカウントを既にお持ちの場合はそのログインメールとパスワードを使用して下さい)。
  5. image3 を選択します。

14日間のSerato DJ無料トライアルが開始します。トライアル残り日数はライセンスパネルに表示されます。

Serato DJの購入

Serato DJのソフトウエアを持つサポートされたSerato DJ Introコントローラを使用するには、ライセンスを購入する必要があります。

  1. ご自分のSerato DJ Introコントローラが接続されていることを確認します。
  2. Serato DJを開きます。
  3. ライセンスパネルにあるimage1 をクリックします。
  4. オンラインウィンドウが開き、あなたのメールアドレスをたずねます (serato.comまたはwhitelabel.netのユーザーアカウントを既にお持ちの場合はそのログインメールとパスワードを使用して下さい)。
  5. 画面の指示に従って購入を完了します。このプロセスで何か問題が生じた場合はcontact sales@serato.comまでお問い合わせください。
  6. 購入手続きが正常に完了した後にSerato DJはアクティベートされますので、オンラインウィンドウを閉じてください。

Serato DJのアクティベート

Serato DJのライセンスを購入したら、次の指示に従ってアクティベートを完了させます。

  1. ご自分のSerato DJ Introコントローラが接続されていることを確認します。
  2. Serato DJを開きます。
  3. ライセンスパネルにあるimage1をクリックします。
  4. ご自分のserato.comまたはwhitelabel.netのログインメールとパスワードを使用してログインします。
  5. コントローラを選択してimage2をクリックしお使いのパソコンのSerato DJをアクティベートします。

注記:アクティベート中にエラーコードを受信した場合はsupport@serato.comまでご連絡頂き、ライセンスと共に取得したメールアドレスと受信したエラーコードを含む、可能な限りの詳細をご提示ください。

Serato DJのアクティベート管理

ソフトウエアを一度アクティベートすると、ライセンスパネルのimage3 ボタンをクリックすることでライセンスの非アクティブ化およびアクティベートが可能です。.

別のコンピュータでSerato DJをアクティベートするためにSenate DJを非アクティブ化することが可能です。

Serato DJのアクティベートが可能なコンピュータの数を見るには、ここをクリックして下さい。


ソフトウェアの起動

Serato DJを開く前に、コンピュータのUSBポートにSerato DJハードウェアを接続します。

Mac OS X

Serato DJはアプリケーションフォルダにインストールされます。

起動するには、アプリケーションフォルダ内Serato DJのアイコンをダブルクリックします。簡単に起動するためには、このアイコンをクリックしてDockにドラッグすることができます。

Windows

Serato DJはWindowsメニュー> [すべてのプログラム]> [Serato>SeratoDJにインストールされます

WindowsでSerato DJを起動するには、デスクトップ上のショートカットアイコンをダブルクリックするか、[スタート]メニューを参照し、Serato DJ .exe のアイコンがをクリックします。

注: Serato DJが起動する時、自動的にSerato DJハードウェアが検出されます。正しく検出されると、バーチャル·デッキの画面でそれが表示されます。10

スポンサード リンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です